【葬送のフリーレン】大魔族リヴァーレについて解説!七崩賢とどっちが強いの?アイゼンが死亡する!?

葬送のフリーレン
©Twitterから引用
記事内に広告(PR)が含まれています。

今回は、『葬送のフリーレン』のリヴァーレについて解説します。

アニメ化が決定し、人気沸騰中の『葬送のフリーレン』ですが、リヴァーレはマンガの最新話にて登場した七崩賢とは別の上級魔族です。この記事では彼の強さなどについて解説していきます。

ぜひゆっくり読んでいってください。

この記事を読んで分かること
  • リヴァーレのプロフィール
  • リヴァーレの強さ
  • 関連キャラ
  • まとめ

本記事はネタバレを含みます。ご注意ください!

『葬送のフリーレン』を読むならebookjapanがオススメ!

葬送のフリーレンを全巻読むならebookjapanがオススメです!

数ある電子書籍サービス中でも、ebookjapanは「初回ログインクーポン」や「PayPay祭」など、お得なクーポン・キャンペーンが満載です!

対象書籍も豊富なことから、過去の名作やマイナーな作品も安く読むことができます!

ピトー
ピトー

私自身、いくつかの電子書籍を利用してきましたが、最も初心者向けで安く読めるのは「eBookJapan」だと思います!

              ↓公式サイトはこちらから↓(広告)

                マンガ全巻まとめ買い!

年齢千年以上
種族魔族
職業将軍
人気投票順位×
声優未発表

リヴァーレは原作の最新話(116話)にて登場した「魔族最強の戦士」を名乗る大魔族です。

甘いマスクに大きな角が特徴で、自身を老いぼれ扱いしたり、魔王軍が人類との終わりのない戦いを繰り広げていた時代にはその凄まじい武力をもって活躍したと述べられている点から、見た目に添わずかなり高齢な魔族と考えられます。

かなりの自信家で、尚且つ超がつくほどの戦闘狂

弱い者には興味がなく、強者(現役時代のアイゼンなど)との戦いを好む。

魔王に従っているのは、本人曰く「そうすれば、強者と戦えるから」であり、戦闘能力は上位七崩賢やソリテールを上回る可能性が高いです。

過去編にてアイゼンとタイマン勝負をしているリヴァーレですが、現在(魔王討伐後約80年後)にて、アイゼンもリヴァーレも生存している描写があるので、二人とも生き延びて戦いは終わると思われます。

因みに、リヴァーレの名前の由来は、ドイツ語で「好敵手」を意味する『Rivale』です。

以前、フリーレンがフェルンに対して「出くわしたら戦わず即撤退するように」と命じた人物が、「終極の聖女トート」「黄金郷のマハト」「血塗られし軍人リヴァーレ」でした。

フリーレンが負けたことのあるマハトの同格としてリヴァーレを評価している点から、その実力は七崩賢の上位ランクもしくはそれ以上の実力を有していると考えられます。

さらに、大魔族であるソリテールや七崩賢のグラオザームの目の前で自分の事を年寄り扱いしていた点から、かなり長生きしている魔族と思われます。

この世界は、「魔族の生きた年数=その魔族の強さ」という法則のようなものがあり、長年にわたる人間との戦いで未だ生きているリヴァーレはかなりの実力者といえるでしょう。

アイゼンは、勇者一行のメンバーとして魔王を倒した戦士であり、登場の少なさのせいで陰ってはいますが、誰もが認める人類最強の戦士です。

そのアイゼンを相手に、地面に巨大な跡が出来るほど後退させたのちに、薄ら笑いを浮かべながら、自らを「お前の前にいるのは魔族最強の戦士だ」と余裕を見せながら圧倒しています。

因みに、その戦いの際リヴァーレは一世紀ぶりに拳を止められたと述べており、そのヤバさがうかがえます。

リヴァーレは、現在(数年前)にシュタルクの故郷を滅ぼした張本人です。

その際、シュタルクの兄であり故郷の村最強の戦士であったシュトルツも殺害しています。

シュタルクの故郷は、住民が戦士で構成された村であり強い戦士が数多くいました。その村を単独で崩壊させているのも、彼の強さの裏付けといえるでしょう。

ピトー
ピトー

個人的には、減債での時間軸での「シュタルクVSリヴァーレ」を見てみたいです!

リヴァーレ まとめ
  • リヴァーレは千年以上生きている大魔族
  • 作中でもTOPレベルに入る実力者
  • シュタルクやアイゼンとの関係に注目!

アニメのPVがYouTubeにて公開されているので是非見てみてください!

『葬送のフリーレン』の原作マンガを読むなら電子書籍サービスのeBookJapanがオススメです!

広告で見たことがある方もいると思いますが、現在eBookJapanは初回登録70%OFFクーポン6枚を配っており、大人気のライトノベルや漫画を超安価で読むことができます。

割引は最大500円までとなっていますが、漫画やラノベの単行本の値段を考えると70%OFFをフルで活かせる場合が多いと思います。

『葬送のフリーレン』マンガ12巻を初回70%OFFで買った場合

原作12巻:528円158円

さらに、金曜日に開催されるセールと共にクーポンを使うともっと低価格で読むことができます。

ピトー
ピトー

あまりのお得さや広告の多さに怪しいと感じる人もいるかもしれませんが、eBookJapanはYahoopaypayと連携されているサービスなので安心できます。(paypayを使っている人はポイントも付いてくるのでさらにお得。)

いつこのサービスが終了するかは分かってないので、早めに買って溜めておくのもありだと思います!

eBookJapanの公式サイトはこちらから!


ヒンメル

フリーレン

ハイター

アイゼン
         

フリーレン

フェルン

シュタルク

ザイン

グラナト伯爵
 
断頭台のアウラ

リュグナー

リーニエ

エーレ

ラント

ユーベル

ヴィアベル

メトーデ

デンケン

ゼンゼ
 
ゲナウ

ゼーリエ

デンケン

黄金郷のマハト

ソリテール

シュラハト

ソリテール

奇跡のグラオザーム

終極の聖女トート

リヴァーレ

フランメ

魔王

南の勇者

コメント

タイトルとURLをコピーしました