【葬送のフリーレン】最強キャラランキングTOP10!1位はまさかの○○○○!?

葬送のフリーレン
葬送のフリーレン
記事内に広告(PR)が含まれています。

今回は、『葬送のフリーレン』の最強キャラランキングを紹介しようと思います。

アニメ化が決定し、人気沸騰中のファンタジーマンガ『葬送のフリーレン』ですが、バトル漫画ではないものの、多くの熱い戦闘シーンが描かれており、キャラの強さに魅力を感じている読者も多いと思います。この記事では、そんな『葬送のフリーレン』の最強キャラランキングを紹介していきます。

ぜひゆっくり読んでいってください。

本記事はネタバレを含みます。ご注意ください!

『葬送のフリーレン』を読むならDMMブックスがオススメ!

葬送のフリーレンを全巻読むなら「DMMブックス」がオススメです!

数ある電子書籍サービス中でも、DMMブックスは「初回90%OFFクーポン」や「ポイント還元キャンペーン」など、お得なクーポン・キャンペーンが満載です!

対象書籍も豊富なことから、過去の名作やマイナーな作品も安く読むことができます!

ピトー
ピトー

私自身、いくつかの電子書籍を利用してきましたが、最も初心者向けで安く読めるのは「DMMブックス」だと思います!

              ↓公式サイトはこちらから↓(広告)

                マンガ全巻まとめ買い!

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第10位は、魔法都市オイサーストにて初登場したミステリアスな魔法使いの『ラント』です。

今回のランキングでは、唯一の若者のランクイン。

得意魔法は”分身魔法”

彼のポテンシャルは凄まじく、受験者皆が悪戦苦闘した一級魔法使い試験をなんと分身だけで乗り越え、本体は田舎でティータイムをするほどの余裕を見せていました。

それに気づいていたゼーリエに対しても「驚いた。」と余裕の一言。

年齢が詳しく分かっていませんが、魔族やエルフでないことも考慮すると、フェルンやユーベルと同世代のようにも見えます。

まだ不明瞭な部分も多いですが、一級魔法使い試験で最後に注目を掻っ攫った『ラント』が10位にランクインです。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第9位は、面白いキャラクターでファンからの人気も厚い熟練魔法使い『デンケン』です。

デンケンは、「ラント」と同じく魔法都市オイサーストの一級魔法使い試験にて初登場した、宮廷魔法使いです。

一級魔法使い試験を受けたキャラクターの中ではおそらく一番に戦闘経験、技術が優れており(フリーレンは除く)そもそも、実力自体は一級魔法使い試験を受けるまでもなくそれに見合っていました。(デンケンは理由があって一級魔法使い試験を受けていなかった)

使う魔法は、どれも戦闘漫画に出てくるようなド派手な魔法ばかりで、魔法にたいする知識も膨大なものがあります。

さらに彼の実力を語るうえで外せないのが「単独での黄金郷のマハトの撃破」です。

ここでの詳細は割愛しますが、彼なりの熱さが見れた戦いだったと思います。

第9位には、デンケンが見事にランクインしました。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第8位は、魔王を倒した『勇者ヒンメル』です。

彼は、本作の始まりのきっかけであり、目的でもあるイケメン勇者です。

ヒンメルにはとにかく「魔王を倒し世界に平和をもたらした勇者」という圧倒的な実績があります。

さらに、七崩賢の一人である”断頭台のアウラ”に対して、魔法を喰らう直前に、腕を瞬間的に切り落とし能力を無効化している戦闘描写もありました。

もっと高い順位にランクインする可能性もありますが、ヒンメルは作中での戦闘描写が少なく、最も実力が不明瞭なキャラの一人でもあるのでとりあえず第8位にランクインしました。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第7位は、魔王の腹心であり、七崩賢を束ねる存在でもある『全知のシュラハト』です。

シュラハトは未来視の能力を持っている魔族で、人類最強であり同じく未来視の能力を有している『南の勇者』と相打ちとなってしまいます。

南の勇者と相打ちになるまで、未来視を活用した無数のシミュレーションを実行しましたが、南の勇者の大いなる善戦により未来は変えられず死亡してしまいます。

シュラハトは、能力を考慮すると七崩賢のように前線で戦うのではなく、あくまでも魔王の腹心として、軍師的な役割を担っていた可能性が高いです。

このキャラも戦闘描写が少なく詳細が分かっていない部分が多いですが、見事7位にランクインです。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第6位は、フリーレンの師匠でありゼーリエの弟子である『大魔法使いフランメ』です。

フランメは、フリーレンに魔法の研鑽と共に、魔力を抑えて相手を欺く戦い方を教えた人物です。

人類の魔法の開祖と呼ばれており、「フランメの著書に本物無し」と言われるほど大量の贋作の魔導書を作り、今もなお世界中に彼女の魔導書が散らばっています。

彼女の功績はヒンメル同様伝説として人類の中で受け継がれています。

間違いなく魔法の天才で、圧倒的な実力を有するフランメですが、どうしてもランキング上位のキャラとは「人間である」という種族の壁のせいで上位には食い込めませんでした。

第6位には大魔法使い『フランメ』が見事ランクインしました。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第5位は、七崩賢最強の魔族である『黄金郷のマハト』です。

マハトは、魔王の幹部である七崩賢の一人で、その中でも最強の評価を持っている男です。

さらに、80年前フリーレンと戦った際は、なんと勝利を収めています。現在のフリーレンの実力を持っても「勝てる自信がない」とフリーレン自身が発言しています。

彼は「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」はという魔法を使います。この魔法は防御・解除ができず、当たるとほぼ必殺の作中数あるチート魔法のうちの一つです。

最後は、フリーレンにディーアルゴゼを解析され、第9位で紹介したデンケンに敗れ死亡します。

人気キャラ投票では第4位だった『マハト』が第5位にランクイン。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第4位は、本作の主人公である『葬送のフリーレン』です。

勇者ヒンメルたちと魔王を倒しており、現在はフェルンシュタルクと共に魂の眠る地(オレオール)を目指し旅をしています。

生涯(既に1000年以上)、魔力の研鑽を続けると同時に、魔族を欺くために魔力総量を抑え続けており、500年以上生きた大魔族である七崩賢の”断頭台のアウラ”の何十倍もの魔力を有しています。

本作全体で、ソリテールを除くほとんどの敵を圧倒しており、もはやフリーレンのせいで無双系マンガになっていると言っても過言ではないです。

さらに、フリーレンは「魔法オタク」といえるほど魔法が大好きで、その上、数千年生きることができるという圧倒的なアドバンテージを有しています。

ですが、特に戦闘のために魔法を集めているわけではない点や、他キャラ(マハトなど)より自分の強さを低く見積もている点からこの順位に落ち着きました。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第3位は、人類最強の二つ名を持つ勇者である『南の勇者』です。

名前がまだ出てないですが、ヒンメルとは別の「南の勇者」として登場します。

モブのようにサラっと現れたのにも関わらず、フリーレンから「魔族との戦いで最も人類に貢献したのは、勇者一行ではなく南の勇者だ」と評価されており、その実力はヒンメルやフリーレンをも大きく上回ります。

彼はたった一年で魔王軍の前衛部隊を壊滅させた後に、なんと一人で七崩賢+全知のシュラハトと戦います。そして彼はその意味の分からなさすぎるくらい不利な状況で、七崩賢3人と全知のシュラハトを同時に討伐し、魔王軍の主戦力を半壊してしまうのです。

もうほぼ最強クラス言ってもいいですが、ひとまずここでは第3位にランクイン。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

第2位は、『魔王』です。

勇者ヒンメル一行に、倒された魔族の王で、その実力・正体共に全く分かっていません。

推測になりますが、魔族の社会的地位は魔力総量や魔法の強さによって決まるものなので、魔族の王である「魔王」は、まず間違いなくマハトなどの七崩賢や全知のシュラハトよりは強いでしょう。

南の勇者とどっちが強いかといわれるとかなり難しいですが、設定的にヒンメル一行が4人で何とか倒したラスボスが、1人の人間に負けるというのはどこかしっくり来ません。

現段階では、あいまいな部分が多いので一旦、第2位にランクイン。

『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用

栄えある第1位は、フリーレンの大師匠である『ゼーリエ』です。(ご察しの通り)

ゼーリエは、フリーレンの師匠であるフランメの師匠であり、フリーレンからすると大師匠にあたります。

神話の時代から生きている魔法使いと言われており、歴史上に存在するすべての魔法を網羅しており”最も女神”に近い存在と言われています。

すべての魔法を網羅しているため、一級魔法使いになりゼーリエに認められれば、願う魔法が何でも貰えるという無茶苦茶な設定。

魔法だけでなく魔力量もすさまじく、自らの魔力量を制限した状態でもフリーレンの全力の魔力量に相当します。

魔王の実力が不明瞭な部分が多いので、「もしかすると魔王の方が強いのでは?」との声もありますが、その場合真っ先にゼーリエを倒すはずなのでそれはないでしょう。

最強の座には、「ゼーリエ」が見事にランクインしました。

フリーレンとヒンメルが各々ランクインしていますが、残りのアイゼンとハイターも十分にランキング圏内です。

七崩賢の中では、黄金郷のマハトのみがランクインしましたが、アウラやグラオザームなどもランクインする実力を十分に有しています。

現段階ではランクインには実力不足ですが、期待値を含めると確実にランクインするでしょう。

【葬送のフリーレン】最強キャラランキングはどうでしたか?

個人的な見解ではありましたが、かなり的確なランキングになっていると思います!

私的には、フェルンとシュタルクの成長によるランクインを期待しています。

これからも葬送のフリーレンを楽しんでいきましょう!

アニメのPVがYouTubeにて公開されているので是非見てみてください!

『葬送のフリーレン』の原作マンガを読むなら電子書籍サービスのDMMブックスがオススメです!

広告で見たことがある方もいると思いますが、現在DMMブックスは初回90%OFFクーポンを配っており、大人気のライトノベルや漫画を超安価で読むことができます。

割引は最大2000円までとなっており、ラノベの場合3巻、漫画の場合は4巻ほどを90%OFFで購入することができます。

『葬送のフリーレン』マンガ12巻を初回70%OFFで買った場合

原作12巻:528円52円

『葬送のフリーレン』アニメの続き7~10巻を初回90%OFFで買った場合

原作7~10巻:2112円208円

見ての通り、クーポンを使うことで人気マンガやラノベを超お得に読むことができます。

ピトー
ピトー

広告の多さやアダルト作品のイメージから、怪しいと感じる人もいるかもしれませんが、DMMブックスは電子書籍サービスの中でも昔から定番として知られており、かなり安心感があります!

いつこのサービスが終了するかは分かってないので、早めに買って溜めておくのもありだと思います!

DMMブックスの公式サイトはこちらから!


ヒンメル

フリーレン

ハイター

アイゼン
         

フリーレン

フェルン

シュタルク

ザイン

グラナト伯爵
 
断頭台のアウラ

リュグナー

リーニエ

エーレ

ラント

ユーベル

ヴィアベル

メトーデ

デンケン

ゼンゼ
 
ゲナウ

ゼーリエ

デンケン

黄金郷のマハト

ソリテール

シュラハト

ソリテール

奇跡のグラオザーム

終極の聖女トート

リヴァーレ

フランメ

魔王

南の勇者

コメント

タイトルとURLをコピーしました