【葬送のフリーレン】デンゲンについて解説!老練で情熱的な老人!妻との過去やその強さ、マハト戦についても!

葬送のフリーレン
©『葬送のフリーレン』TVアニメ公式Twitterより引用
記事内に広告(PR)が含まれています。

今回は、『葬送のフリーレン』の「デンケン」について解説します。

アニメ化が決定し、人気沸騰中の『葬送のフリーレン』ですが、「デンケン」は本作の重要キャラの一人で原作でもずっとフォーカスを当てられていたキャラのうちの一人です(10月時点)。この記事では彼の強さや過去について解説していきます。

ぜひゆっくり読んでいってください。

この記事を読んで分かること
  • デンケンのプロフィール
  • デンケンの強さ
  • デンケンと妻
  • まとめ

本記事はネタバレを含みます。ご注意ください!

『葬送のフリーレン』を読むならebookjapanがオススメ!

葬送のフリーレンを全巻読むならebookjapanがオススメです!

数ある電子書籍サービス中でも、ebookjapanは「初回ログインクーポン」や「PayPay祭」など、お得なクーポン・キャンペーンが満載です!

対象書籍も豊富なことから、過去の名作やマイナーな作品も安く読むことができます!

ピトー
ピトー

私自身、いくつかの電子書籍を利用してきましたが、最も初心者向けで安く読めるのは「eBookJapan」だと思います!

              ↓公式サイトはこちらから↓(広告)

                マンガ全巻まとめ買い!

プロフィール

年齢78歳(ヒンメルの死後30年後)
種族人間
職業宮廷魔法使い、一級魔法使い
人気投票順位8位
好きな物
声優未発表

デンケンは一級魔法使い選抜試験に登場した二級魔法使いです。

年齢は、ヒンメルの死後30年の時点で78歳。

国すら動かせるほどの権力を持った宮廷魔法使いで、ヒンメル一行の逸話を聞いて育ったので、試験でフリーレンの存在に気づいていました。

20代の頃に妻を亡くした寡男であり、子供もいません。

そのためか若者の面倒を見るのが好きで、試験中もラオフェンやリヒターといった若者の面倒を見て仲良くもしています。

権力を持った老人なので一見性格が悪く見えますが、実は実直で誠実な性格をしています。

魔法にたいする考え方や姿勢がフリーレンと酷似しており、”一級魔法使いはひとつ望みの魔法を授けられる権利”には魅力を感じておらず「魔法はは探しているときが一番楽しい」と考えています。

因みに、デンケンの名前の由来は、ドイツ語で「考える」を意味する『Denken』です。

デンケンの強さ

デンケンは、人類の中ではトップレベルの実力者であると考えられます。

古い時代の魔法使いであるため、フリーレンやフェルンのように、「魔族を殺す魔法(ゾルトラーク)」「防御魔法」のような基礎魔法を使って相手を追い込むものとは違い、一般攻撃魔法以外の攻撃魔法を使って相手の魔力切れを狙う戦い方をします。

彼の使う魔法には、「風を業火に変える魔法(ダオスドルグ)」「裁きの光を放つ魔法(カタストラーヴィア)」など、どれも長い時間をかけて精錬されたハイレベルなものが多く、その鍛錬量が分かる。

さらに、一級魔法使いになった際には「特権」によりゼーリエから「呪い返しの魔法(ミステイルジーラ)」を貰っており、これは魔族が使う人類がいまだ原理を理解できていない解析不能の魔法である『呪い』を自動的に跳ね返すという、いわゆるぶっ壊れ魔法。

ゼーリエ曰く、「人類の英知の結晶であるとともに、魔法の論理的解明を捨てた最も原始的な魔法」とのこと。

デンケンはこのような魔法を巧みに操り、フリーレンでも勝てる自信がないほどの実力者である「黄金郷のマハト」を討伐しています。

vs黄金郷のマハト

デンケンの本作での大きな活躍といえば、上述でも触れた通り、超大編である「黄金郷のマハト編」での「黄金郷のマハト」の討伐があります。

その目的は、「黄金化した故郷のヴァイゼを元に戻すこと」です。(元々受けるつもりのなかった一級魔法使い試験を受けたのもこのため)

マハトはかつてヴァイゼの領主グリュックに仕えており、そのためデンケンにとっては魔法使いとしての師匠でもあります。

なので弟子であるデンケンは、自分よりも圧倒的に強者であるマハトの動きを熟知しており、見事に善戦します。

ですが、突如登場した謎の魔法使いソリテールの介入により、一度敗北しデンケンは黄金になってします。

その後、フリーレンやフェルンの活躍により復活したデンケンは、マハトと再戦。

厳しい状況下での戦いではありましたが、昔マハト自らがデンケンに教えた「本当の切り札は勝てると確信した時に使う」という教えの通り、高圧縮の「魔族を殺す魔法(ゾルトラーク)」をマハトが油断した時に放ち、見事デンケンが勝利します。

デンケンと妻

北部高原の奥地に生まれ、勇者一行のフリーレンに憧れて魔法使いを志します。 

ですが家族を魔族に殺され、親戚である城塞都市ヴァイゼの領主であるグリュックに引き取られました。

その時グリュックの命により、のちに戦うことになるマハトの弟子となります。

その後、大人になってからグリュックの娘にして幼馴染の女性、レクテューレと結婚するデンケンですが、レクテューレは身体が非常に弱く、治療には多額の費用と権力が必要でした。そのためデンケンは軍に志願し、その頂点を目指して奮闘することになります。

ですが、治療は間に合わず、愛するレクテューレは朽ちてしまいます。

そのすぐ後に、大魔法使いゼーリエが『特権』を掲げ大陸魔法協会を設立。その特権を利用すれば、簡単に愛する人を治療できたのです。

この時デンケンは強く絶望し、ひどく無力感を感じました。

そして、その無力感が原因で故郷に帰り、嫁の墓参りをすることもできなかったのです。

紆余曲折あり、数十年後に黄金郷のマハトを倒したデンケンは初めて嫁の墓参りに訪れ、「俺は最後まで、醜く足掻いたぞ」と告げて「黄金郷のマハト編」は幕を閉じたのでした。

『葬送のフリーレン』デンケン まとめ

まとめ
  • 優しくたくましい老人
  • 人類最強レベルの魔法使いでマハトを撃破した!
  • 妻をとても愛していた

アニメのPVがYouTubeにて公開されているので是非見てみてください!

『葬送のフリーレン』の原作マンガを読むなら電子書籍サービスのeBookJapanがオススメです!

広告で見たことがある方もいると思いますが、現在eBookJapanは初回登録70%OFFクーポン6枚を配っており、大人気のライトノベルや漫画を超安価で読むことができます。

割引は最大500円までとなっていますが、漫画やラノベの単行本の値段を考えると70%OFFをフルで活かせる場合が多いと思います。

『葬送のフリーレン』マンガ12巻を初回70%OFFで買った場合

原作12巻:528円158円

さらに、金曜日に開催されるセールと共にクーポンを使うともっと低価格で読むことができます。

ピトー
ピトー

あまりのお得さや広告の多さに怪しいと感じる人もいるかもしれませんが、eBookJapanはYahoopaypayと連携されているサービスなので安心できます。(paypayを使っている人はポイントも付いてくるのでさらにお得。)

いつこのサービスが終了するかは分かってないので、早めに買って溜めておくのもありだと思います!

eBookJapanの公式サイトはこちらから!


ヒンメル

フリーレン

ハイター

アイゼン
         

フリーレン

フェルン

シュタルク

ザイン

グラナト伯爵
 
断頭台のアウラ

リュグナー

リーニエ

エーレ

ラント

ユーベル

ヴィアベル

メトーデ

デンケン

ゼンゼ
 
ゲナウ

ゼーリエ

デンケン

黄金郷のマハト

ソリテール

シュラハト

ソリテール

奇跡のグラオザーム

終極の聖女トート

リヴァーレ

フランメ

魔王

南の勇者

コメント

タイトルとURLをコピーしました