【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトについて解説!フリーレンとどっちが強い?再登場はあるの?

葬送のフリーレン
©『葬送のフリーレン』公式Twitterより引用
記事内に広告(PR)が含まれています。

今回は、『葬送のフリーレン』の強敵キャラである「マハト」について解説します。

アニメ化が決定し、人気沸騰中の『葬送のフリーレン』ですが、「マハト」は「黄金都市ヴァイゼ編」にて登場した七崩賢の魔族です。この記事では彼の強さなどについて解説しようと思います。

ぜひゆっくり読んでいってください。

この記事を読んで分かること
  • マハトのプロフィール
  • マハトの強さ
  • マハトのエピソード
  • 関連キャラ
  • まとめ

本記事はネタバレを含みます。ご注意ください!

『葬送のフリーレン』を読むならebookjapanがオススメ!

葬送のフリーレンを全巻読むならebookjapanがオススメです!

数ある電子書籍サービス中でも、ebookjapanは「初回ログインクーポン」や「PayPay祭」など、お得なクーポン・キャンペーンが満載です!

対象書籍も豊富なことから、過去の名作やマイナーな作品も安く読むことができます!

ピトー
ピトー

私自身、いくつかの電子書籍を利用してきましたが、最も初心者向けで安く読めるのは「eBookJapan」だと思います!

              ↓公式サイトはこちらから↓(広告)

                マンガ全巻まとめ買い!

『葬送のフリーレン』TVアニメ公式Twitterより引用
年齢600~数千年
種族魔族
職業七崩賢最強
人気投票順位4位
声優未発表

黄金郷のマハトは、原作7巻63話にて初登場した七崩賢のうちの一人です。

見た目は赤紫の綺麗な長髪に、二本の太い角が特徴的です。

冷酷そうな見た目に見えますが、魔族の中では社会性が非常に高く人間の心理(特に悪意など)の感情に非常に興味があり、進んで人間を殺すタイプではありません。

断頭台のアウラ」と同様、魔王討伐から80年後の現代まで生存した唯一の七崩賢で、50年間ほど黄金郷へ変えた城塞都市ヴァイゼに、大陸魔法協会の大結界で封印されていました。

因みに、マハトの名前の由来は、ドイツ語で「力」を意味する「Macht」

七崩賢最強であるマハトは、600年前にフリーレンが挑んで負けている数少ない魔族で、フェルンたちと旅をしている現代でさえフリーレンは勝つイメージが湧かないと述べています。

彼と戦闘をする中でも特に厄介なのが、「万物を黄金に変える魔法(ディーアゴルゼ)」という魔法です。

これは魔法というよりは、人類には知覚も解析もできない「呪い」であり、マハトはこれをノーモーションで放ちます。回避も防御もできず一方的に黄金化されてしまうので、敵として対峙すると為すすべがない強攻撃です。

長く魔族として生きて、他種族を殺していく中で、魔族であるマハトには「悪意、罪悪感」といった感情が理解できませんでした。

そしてその感情に興味を持ち、人間を好きにすらなったマハトはその感情を理解すべくとある人物と友好関係を築こうとします。

それがデンケンの父であり、魔法都市ヴァイゼ(後の黄金郷)の領主であったグリュックです。

多くの悪意に触れ罪悪感に苛まれてきたグリュックは、マハトに悪意を教えることを提案します。代わりにマハトを自らの従者にし、政敵の排除にあたらせました。

利害が一致した彼らは長い時間を共に過ごします。マハトが貴族の要請で身に付けた「支配の石環」は、彼がヴァイゼの市民に「悪意」を抱くと死ぬという代物です。

グリュックはマハトがそもそも悪意など持たないことを知っていながら茶番に乗っており、一緒に貴族の人間を馬鹿にします。

30年の月日が過ぎた頃、マハトは今なら罪悪感が理解できるかもしれないと、グリュックごと都市を黄金に変えるのです。

原作7巻から見られる「黄金郷のマハト編」は本作屈指の名作で、激熱なバトルだけでなく、感動シーンもある一度は読むべき作品です。

「黄金郷のマハトvsデンケン」の行く末はぜひ本編を読んで確認してみてください!

           ↓「葬送のフリーレン」読むならeBookJapan!(広告)

                 マンガ全巻まとめ買い

まとめ
  • マハトは人気投票4位の大魔族
  • 万物を黄金に変える魔法<ディーアルゴゼ>が強い
  • デンケンの父と悪友だった

アニメのPVがYouTubeにて公開されているので是非見てみてください!

『葬送のフリーレン』の原作マンガを読むなら電子書籍サービスのeBookJapanがオススメです!

広告で見たことがある方もいると思いますが、現在eBookJapanは初回登録70%OFFクーポン6枚を配っており、大人気のライトノベルや漫画を超安価で読むことができます。

割引は最大500円までとなっていますが、漫画やラノベの単行本の値段を考えると70%OFFをフルで活かせる場合が多いと思います。

『葬送のフリーレン』マンガ12巻を初回70%OFFで買った場合

原作12巻:528円158円

さらに、金曜日に開催されるセールと共にクーポンを使うともっと低価格で読むことができます。

ピトー
ピトー

あまりのお得さや広告の多さに怪しいと感じる人もいるかもしれませんが、eBookJapanはYahoopaypayと連携されているサービスなので安心できます。(paypayを使っている人はポイントも付いてくるのでさらにお得。)

いつこのサービスが終了するかは分かってないので、早めに買って溜めておくのもありだと思います!

eBookJapanの公式サイトはこちらから!


ヒンメル

フリーレン

ハイター

アイゼン
         

フリーレン

フェルン

シュタルク

ザイン

グラナト伯爵
 
断頭台のアウラ

リュグナー

リーニエ

エーレ

ラント

ユーベル

ヴィアベル

メトーデ

デンケン

ゼンゼ
 
ゲナウ

ゼーリエ

デンケン

黄金郷のマハト

ソリテール

シュラハト

ソリテール

奇跡のグラオザーム

終極の聖女トート

リヴァーレ

フランメ

魔王

南の勇者

コメント

タイトルとURLをコピーしました