【葬送のフリーレン】フランメについて解説!声優は誰?強さや経歴を紹介!フリーレンとどっちが強い?魂の眠る地(オレオール)とは?

葬送のフリーレン
©『葬送のフリーレン』TVアニメ公式Twitterより引用
記事内に広告(PR)が含まれています。

今回は、『葬送のフリーレン』の「フランメ」について解説します。

アニメ化が決定し、人気沸騰中の『葬送のフリーレン』ですが、「フランメ」は、フリーレンの師匠として序盤から登場しています。この記事ではそんな彼女の実力や他キャラとの関係性について解説していきます。

ぜひゆっくり読んでいってください。

この記事を読んで分かること
  • フランメのプロフィール
  • フランメの強さ
  • フリーレンとの関係性
  • ゼーリエとの関係性
  • まとめ

本記事はネタバレを含みます。ご注意ください!

『葬送のフリーレン』を読むならebookjapanがオススメ!

葬送のフリーレンを全巻読むならebookjapanがオススメです!

数ある電子書籍サービス中でも、ebookjapanは「初回ログインクーポン」や「PayPay祭」など、お得なクーポン・キャンペーンが満載です!

対象書籍も豊富なことから、過去の名作やマイナーな作品も安く読むことができます!

ピトー
ピトー

私自身、いくつかの電子書籍を利用してきましたが、最も初心者向けで安く読めるのは「eBookJapan」だと思います!

              ↓公式サイトはこちらから↓(広告)

                マンガ全巻まとめ買い!

プロフィール

©『葬送のフリーレン』TVアニメ公式Twitterより引用
年齢享年70歳(?)
種族人間
職業大魔法使い(人類の魔法の開祖)
人気投票順位16位
声優田中敦子

フランメは1000年以上昔に存在した、伝説の大魔法使いです。

今の人類の魔法は彼女がいたからこそ成り立っているもので、1000年後の人々も彼女の事を大英雄として語り継いでいます。

自分の事を「戦いの時代の魔法使い」と自負しており、大好きな魔法を戦いのために使うことが多かったようです。

ですが、彼女の好きな魔法は「綺麗な花畑を出す魔法」で、実は平和な世界を誰よりも望んでいたと思われます。

本作のフリーレンの目的、「魂の眠る地(オレオール)」への到達は、フランメがフリーレンの事を思い残したものであり、「葬送のフリーレン」の最大の謎でもあります。

因みに、フランメの名前の由来は、ドイツ語で「炎」を意味する『Flamme』です。

ピトー
ピトー

髪色もピンクですし、もしかすると炎の魔法が得意な魔法使いだったのではないでしょうか!

フランメ:強さ

気になるフランメの強さですが、ゼーリエや魔王には及ばないものの作中でもトップクラスの実力者であると思われます!

フランメは、フリーレンもよく使う「自身の魔力量を制限して相手を欺く」戦法の開発者であり、フリーレンにそれを教えたのもフランメです。

さらに、彼女のグラナト伯爵領に残した防護結界は1,000年経過した後でも残っており、その強さが垣間見えます。

ですが、フランメは人間ですのでどうしても、エルフであるフリーレンやゼーリエと比べると「寿命の短さ」という圧倒的ディスアドバンテージがあります。

なので、作中最強とまではいかなくても、トップレベル程の強さだと考えられます!

フリーレンやゼーリエとの関係性

ゼーリエ

©『葬送のフリーレン』TVアニメ公式Twitterより引用

ゼーリエは神話の時代から生きるエルフの大魔法使いです。

実はフランメは、ゼーリエの弟子で、様々な魔法を彼女から学びました。

ゼーリエはフランメを「気まぐれで育てた弟子」と呼んでいましたが、ゼーリエは魔法の才能を持つものに興味津々ですから、フランメに期待していた可能性が高いです。

フランメ自身も遺言を師であるゼーリエに伝えるなど、最後まで師として敬っていたと思われます。

上述でも少し述べたように、フランメは自分とゼーリエが「平和な時代に生きる自分が想像できない」と考えており、魔王は倒せないと考えています。

フリーレン

©『葬送のフリーレン』TVアニメ公式Twitterより引用

さらに、フランメはフリーレンの師匠でもあります。

魔王軍に集落を襲われ、様々なものを失い満身創痍だったフリーレンをフランメが救い、その際に弟子としてフリーレンをスカウトします。

フリーレンには、魔法の研鑽と共に得意技である「魔力を抑えて相手を欺く戦い方」を教えており、彼女の強さの根源に関わっています。

そしてフランメは、いつかフリーレンが「人との繋がり」に関する大きな壁にぶつかることに気づいており、その時のために手記を残していました。

そこで発見した手記は、千年前からフリーレンがここに来ることがわかっていたかのように、丁寧に「死者との対話」についてのページが開かれていたのです。

それが物語のきっかけとなり、フリーレンたちは、昔魔王城があった「魂の眠る地(オレオール)」を目指して旅をはじめるのです。

『葬送のフリーレン』フランメ まとめ

まとめ
  • フランメは人類の英雄である大魔法使い
  • 人間の中では恐らく最強レベルの強さ
  • ゼーリエとはぎすぎすしているように見えて信頼しあっている!
  • フリーレンの強さと旅の目的に関わっている!

アニメのPVがYouTubeにて公開されているので是非見てみてください!

『葬送のフリーレン』の原作マンガを読むなら電子書籍サービスのeBookJapanがオススメです!

広告で見たことがある方もいると思いますが、現在eBookJapanは初回登録70%OFFクーポン6枚を配っており、大人気のライトノベルや漫画を超安価で読むことができます。

割引は最大500円までとなっていますが、漫画やラノベの単行本の値段を考えると70%OFFをフルで活かせる場合が多いと思います。

『葬送のフリーレン』マンガ12巻を初回70%OFFで買った場合

原作12巻:528円158円

さらに、金曜日に開催されるセールと共にクーポンを使うともっと低価格で読むことができます。

ピトー
ピトー

あまりのお得さや広告の多さに怪しいと感じる人もいるかもしれませんが、eBookJapanはYahoopaypayと連携されているサービスなので安心できます。(paypayを使っている人はポイントも付いてくるのでさらにお得。)

いつこのサービスが終了するかは分かってないので、早めに買って溜めておくのもありだと思います!

eBookJapanの公式サイトはこちらから!


ヒンメル

フリーレン

ハイター

アイゼン
         

フリーレン

フェルン

シュタルク

ザイン

グラナト伯爵
 
断頭台のアウラ

リュグナー

リーニエ

エーレ

ラント

ユーベル

ヴィアベル

メトーデ

デンケン

ゼンゼ
 
ゲナウ

ゼーリエ

デンケン

黄金郷のマハト

ソリテール

シュラハト

ソリテール

奇跡のグラオザーム

終極の聖女トート

リヴァーレ

フランメ

魔王

南の勇者

コメント

  1. David E. Smith より:

    Dear Website Owner,

    I hope this email finds you well. I recently discovered your website and was impressed by the quality of your content and the helpful information you offer to your audience. In light of this, I would like to propose a backlink exchange that could benefit both our websites.

    My website, https://m.cheapestdigitalbooks.com/, is focused on providing affordable digital books to readers around the world. We currently have a strong online presence with a Domain Authority (DA) of 13, a Page Authority (PA) of 52, and a Domain Rating (DR) of 78. Our website features 252K backlinks, with 95% of them being dofollow, and has established connections with 5.3K linking websites, with 23% of these being dofollow links.

    I believe that a mutually beneficial backlink exchange could be of great value for both of our websites, as it may lead to an increase in website authority and improve our search engine rankings. In this collaboration, I am willing to add backlinks from my website using your desired keywords and anchor texts. In return, I would be grateful if you could include backlinks with my desired keywords and anchor texts on your website.

    I kindly request that you visit my website, https://m.cheapestdigitalbooks.com/, to get a sense of the potential benefits this partnership could bring to your site. I am confident that this collaboration will provide a win-win situation for both parties, and I look forward to learning more about your thoughts on this proposal.

    Thank you for considering my offer. I am excited about the potential growth this partnership may bring to our websites and am eager to discuss the details further. Please do not hesitate to reach out to me at your convenience.

    Best regards,

    David E. Smith
    Email: david@cheapestdigitalbooks.com
    Address: 3367 Hood Avenue, San Diego, CA 92117

  2. These are genuinely wonderful ideas in on the topic of blogging. You have touched some nice points here. Any way keep up wrinting.

タイトルとURLをコピーしました