【第七王子】ジェイド(ギザルム)について解説!正体や強さ、目的について!死亡してるの?

転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます
引用:『第七王子』TVアニメ公式X
記事内に広告(PR)が含まれています。

今回は第七王子の「ジェイド」について解説します。

現在、アニメが始まり大人気の「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」ですが、ジェイドはノロワレのリーダーとして登場したキャラクターです。この記事では彼の強さや復活説について紹介していきます。

ぜひゆっくり読んでいってください。

本記事はネタバレを含みます。ご注意ください!

この記事を読んで分かること

  • プロフィール
  • ジェイド・ギザルムの強さや能力
  • 復活する可能性はある?
『転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます』を読むなら「マンガBANGブックス」がオススメ!

第七王子を全巻読むならマンガBANGブックスがオススメです!

数ある電子書籍サービス中でも、マンガBANGブックスは「【90%OFF】クーポン」や「40%ポイント還元」など、お得なクーポン・キャンペーンが満載です!

対象書籍も豊富なことから、過去の名作やマイナーな作品も安く読むことができます!

ピトー
ピトー

私自身、いくつかの電子書籍を利用してきましたが、最も初心者向けで安く読めるのはマンガBANGブックスだと思います!

公式サイトはこちらから!

プロフィール

引用元 ©『転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます』アニメ公式サイト

ジェイドは”ノロワレ”たちで構成されている暗殺者ギルドのリーダーです。

スラっとした身体と色白に肌に長い髪の毛が特徴です。初登場時から目に色がなく非常に怪しいキャラクターでした。

ギルドの構成員は魔力が暴走し意図せず人を攻撃してしまうという理由があれど全員が暗殺者で、冒険者ギルドにて懸賞金をかけられ指名手配されていました。

彼は、ギルドメンバーのノロワレ達を救うことを目的としており、ギルドに頼み込みクエストを請け負う代わりに指名手配を破棄してほしいと直談判し、実際ギルドメンバー達は一度指名手配から外されたこともありました。

怪しい彼ですが、メンバー達の事を想っていたことや戦争をなくそうと献身していたのは、実は本当に心から誠意でやったことです。

ですが、ノロワレ達が主人公ロイドと出会い戦ったのち、音信不通だったジェイドに会いに行くと、彼は魔族ギルザムに憑りつかれ人格が変わっていました。

ロイドが戦うことになったのは、ギルサムに憑りつかれた後の”悪ジェイド”です。

因みに、ジェイドのアニメでの声優は島崎信長さんが担当します。

ジェイドの強さや能力

ジェイドは瞬間転移能力を持つ”神隠しのノロワレ”です。

上述でも少し触れましたが、、ノロワレとは”呪い”であって自由自在に能力を使えるというわけではありません。

ジェイドは何でもかんでも好きなところに転移できるというわけではなく、むしろ意思とは関係なく見知らぬ土地に勝手転移してしまうという最悪の呪いでした。

彼は魔族ギサルムに憑りつかれる前に既に転移能力を制御し操ることに成功していましたが、最悪のタイミングで襲われてしまいその能力もろとも身体を奪われてしまうのです。

そもそも魔族とは、『1級~10級』まである魔人のランクのさらにその上、魔界の王侯貴族で、魔人であるグリモも「自分たちは魔族にとって平民以下の家畜も同じ」と称し、恐れるほどの存在です。

強キャラ感のあるロイドの相棒グリモですら、3級の魔人であり、魔族相手には1級魔人が100人束になっても勝てないようです。

そんな魔族であるギザルムの能力は、”魔力のこより”です。

これは能力というより戦闘手段なのですが、彼は彼が持つ絶大な量の魔力を単に捻じり”こより”にしたものを高速で飛ばしたり、ジェイドの能力によって転送したりして戦います。

一発一発がロイドの超堅防御結界を2,3枚貫く威力で、それをギザルムは何百発と飛ばします。

ピトー
ピトー

元々最強格の強さである魔族の能力に、ジェイドの瞬間転移能力が合わさったらそれは強いですよね(笑)

ジェイド(魔族ギザルム)の最後

ギルドのメンバー達を救うためにギザリムと戦うことになったロイドですが、戦いはどのような結果になったのでしょうか。

序盤中盤とギルザムの攻撃に対して防戦一方だったロイドですが、魔術が効かない魔族に対して大量の魔術を当てるという力技で何とか応戦します。

最後の最後まで、ロイドはかなり苦戦しているように見えました。

ですが、さすが最強主人公のロイド。彼は戦闘で勝つことよりも、魔術に対する好奇心を優先しており、本気を出していませんでした。

終盤にロイドは『吸魔』の術式を織り込んだ魔剣を使い、ジェイドが生涯かけて解読に至らなかった瞬間転移『影狼』の術式をついに解読します。

解読が済んだロイドは、魔術「虚空」を十数発放ちギザルムを圧倒します。

塵となり消えていくギザルムを見ていると、どこからか「ありがとう、レンを、みんなを頼む。」というジェイドの声が聞こえて二人の戦いは終わりを迎えました。

ジェイドは復活はするの?

ギザルムに身体を乗っ取られてしまったジェイドですが、今後復活することはあるのでしょうか?

ジェイドの復活はSNSなどでも多く望まれていますが、ジェイドの復活はおそらくないでしょう。

そもそも、ジェイドは乗っ取られた際に殺されていますし、ギザルムとして残った身体もロイドに完全に消されてしまっています。

身体が残っていれば、魂などを戻したりして何とかできたかもしれませんが、肉体が消失してしまってはそれも難しいでしょう。

ピトー
ピトー

ジェイドの最後は言葉を残して美しくに散って言ったので、復活がない方がストーリー的には綺麗かもしれないですね!

『第七王子』ジェイド まとめ

今回は、「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」のジェイドについて解説しました。

悪ジェイド(ギザルム)は強くてかっこいいですが、対する善ジェイドは優しくザ・イケメンで、どちらもすごく魅力的なキャラクターですよね!

これからも彼の活躍を期待しましょう。

アニメのPVがYouTubeにて公開されているので是非見てみてください!

『転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます』の原作マンガを読むなら「マンガBANGブックス」がオススメです!

広告で見たことがある方もいるかもしれませんが、現在マンガBANGブックスは「90%OFFクーポン配布」や「40%ポイント還元」などのサービスを行っています。

「90%OFFクーポン」は上限が2000円なので漫画4巻くらいはかなりの安価で読むことができるんです!

『第七王子』漫画11巻を90%OFFクーポンを使って読んだ場合

ピトー
ピトー

キャンペーンのお得さや、広告の多さから「怪しい」と感じる人もいるかもしれませんが、『マンガBANGブックス』は大人気マンガアプリ『マンガBANG』のwebバージョンで今最も勢いのある電子書籍サービスです!

いつ90%OFFのキャラクターが終了するかはわからないので、他の電子書籍サイトを使っている人もクーポン分だけ買って溜めておくのはアリだと思います!

↓『第七王子』をお得に読む!↓

公式サイトはこちらから!

タイトルとURLをコピーしました