ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】佐倉愛里について解説!退学の理由など!綾小路の事はさすがにもう好きじゃない?

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の佐倉愛里について解説します。 アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、佐倉愛里は初期から登場しているヒロインの一人です。 この記事では、彼女の実力や綾小路...
葬送のフリーレン

【葬送のフリーレン】キャラ解説・考察・新着記事まとめ!

大人気マンガ・アニメ『葬送のフリーレン』の解説・考察のまとめページです。 気になる記事が見つかりましたら、是非クリックして読んでみてください。 このページで紹介する記事はネタバレを含む可能性があります ・ここで紹介されている記事にはネタバレ...
ようこそ実力至上主義の教室へ

【ようこそ実力至上主義の教室へ】キャラ解説・考察・新着記事まとめ!

大人気ライトノベル『ようこそ実力至上主義の教室へ』の解説・考察のまとめページです。 気になる記事が見つかりましたら、是非クリックして読んでみてください。 このページで紹介する記事はネタバレを含む可能性があります ・ここで紹介されている記事に...
ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】長谷部波瑠加について解説!綾小路を退学にするの?担当声優も紹介!

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の長谷部波瑠加について解説します。アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、長谷部波瑠加は綾小路グループの女子メンバーです。この記事では、彼女の実力や人間関係について述べていきたいと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。
ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】幸村輝彦について解説!?担当声優は誰?なぜうざいって言われているの?

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の幸村輝彦について解説します。アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、幸村輝彦は堀北クラスの学力優秀な男子生徒です。この記事では、彼の実力や人間関係について述べていきたいと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。
ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】椎名ひよりについて解説!綾小路と○○する!?今後の龍園クラスでの立ち位置では?

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の椎名ひよりについて解説します。アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、椎名ひよりは龍園クラスの頭脳の一員として龍園に協力している女子生徒の一人です。この記事では、彼女の実力や綾小路との関係性について述べていきたいと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。
ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】須藤健について解説!どれほど成長したのか!堀北とつきあう!?担当声優やOAAも!

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の須藤健について解説します。アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、須藤は堀北クラスの一員として本作の初期から登場していた男子生徒です。この記事では、彼の実力やこれからの成長について述べていきたいと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。
ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】櫛田桔梗について解説!本性がバレて退学!?綾小路の事が大好きって本当!?担当声優やOAAも!

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の櫛田桔梗について解説します。アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、櫛田桔梗はクラスメイトにもかかわらず、綾小路や堀北と敵対していた女子生徒です。この記事では、彼女の本性や綾小路との関係性について述べていきたいと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。
ようこそ実力至上主義の教室へ

【よう実】平田洋介について解説!実はヤバいやつ!?綾小路の事が好きって本当なの?声優は誰?

今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」の平田洋介について解説します。アニメ3期が2024年から放送されることが決定しており、人気沸騰中の「よう実」ですが、平田洋介は堀北クラスの参謀として原作の最新刊でも活躍している人物です。この記事では、彼の実力や過去について述べていきたいと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。
葬送のフリーレン

【葬送のフリーレン】終極の聖女トートについて解説・考察!マハトやリヴァーレとどっちが強い?

今回は、『葬送のフリーレン』の強敵キャラである「トート」について解説します。アニメ化が決定し、人気沸騰中の『葬送のフリーレン』ですが、「トート」は最新話にて登場した期待の大魔族です。この記事では彼女の強さなどについて解説しようと思います。ぜひゆっくり読んでいってください。